トランセンドHDD2TB
スポンサーリンク

Transcend(トランセンド)製のポータブルハードディスクを購入しました!動画を撮り始めたところMacBookの容量が一瞬で限界になってしまいましたので、急遽使えそうな外付けハードディスクを取り寄せたわけです。

さて、MacBookで外付けハードディスクを使うなら、やはり薄型のものが良いでしょう。ポータブルハードディスクなら別途電源が必要ないため場所を取りませんし、設置もスマートです。ということで私はトランセンドの2TB USB3.1 2.5インチ(TS2TSJ25M3S)を購入しました。

その際、Macで使用するには簡単な初期設定が必要でしたので、こちらで設定方法をご紹介します。

スポンサーリンク

USB Type-Aで接続する

Macにポータブルハードディスクを接続しましょう。ですが、USBケーブルはType-Aで接続するので、Thunderbolt3の差込口しかないMacBookの場合は別にType-C変換のケーブルを準備しておく必要があります。

Macbookに接続したHDD
Macに接続した状態の外付けハードディスク。こんな接続になります。

初期ではWINDOWS用の設定になっている

接続すると、自動で認識されるのですが、このままだとファイルをコピーすることができません。
実は、HDDの初期設定がWINDOWS用で構成されているからです。そのためMacでも読み込める設定に変更してあげましょう!

1.ディスクユーティリティを開く

「Finder→アプリケーション→ユーティリティ→ディスクユーティリティ」
上記の流れでディスクユーティリティを開きます。

2.「Transcend」を選択する

左側のバーからTranscendを選択すると、ポータブルハードディスクの詳細情報が表示されます。

3.「消去」ボタンを押す

画面上部真ん中辺りに「消去」ボタンがあります。これをクリックして初期情報を削除しましょう。

4.「exFAT」を選択する

ハードディスクの設定
消去ボタンを押すと、選択画面が表示されます。ここでは、フォーマットを「exFAT」にしましょう。この形式は、MacでもWindowsの両方に対応したフォーマットです。この形式にしておけば後々後悔することもないでしょう。

5.外部物理ボリュームとして認識される


このような表示になれば完了です!


ハードディスクを開き直して、画像データを入れてみましたが、しっかり保存できましたね!

スポンサーリンク

まとめ

このように設定すれば無事MacでもTranscendのポータブルハードディスクを使用することができるようになります。簡単な作業ですので、もしMacで使えない!とお困りの場合は試してみてくださいね。

私が使っているポータブルハードディスクはこちらです


Transcend USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ アイロングレー 2TB 3年保証 TS2TSJ25M3S

スポンサーリンク
おすすめの記事